Blog

給料

マグロ漁船で働くとによって得られ収入は、一般的な職業よりも高給であることが言われています。
新人としてマグロ漁船に乗船すると、員級Bというクラスに分類されるのです。
それでも、月額で30万円から35万円ほど、年収にすると、365万円~420万円ほどとなるのです。
新人でも初めからこれだけの収入になるというのは、非常に大きな魅力があります。

アルバイトでこれだけの収入を得ることは不可能です。
正職員で働くにしても、学歴や資格があってもこれだけの月収がいきなりもらえるところは少ないでしょう。
マグロ漁船は学歴や年齢が関係なく働くことができるので、いきなりこれだけの収入を得るチャンスとしておすすめなのです。

仕事がのみ込めるようになると、今度は員級Aというクラスに分類されます。
こうなると、月額で38万円から42万円ほど、年収にすると450万円~510万円と、大きな収入アップを期待することができるようになります。
一般的なサラリーマンでこれだけの収入になるためには、相当な年月が必要になります。
もしくは、なかなか昇給せずに年収500万円を達成できない人は非常に多いのです。

だからこそ、生活の安定を期待することができるマグロ漁船での仕事は、多くの人に人気があるのでしょう。
しかも、支出が自然と抑えられるライフスタイルになるので、そのまま貯蓄にまわすことができる資金が多くなるのです。

ただ、マグロ漁船の収入は、まだまだ上があるのです。
海技資格である海技士を取得することによって、航海士として働くことができるようになります。
一等航海士として働くようになるのであれば、月額で38万円から42万円、年収にすると580万円から650万円という収入になるのです。
まさに、高給というにふさわしい収入が得られる魅力が、さらに高まるのです。

航海士としての実績を積み重ねると、船長になることができるかもしれません。
そうなると、月額で64万円から72万円となり、年収にすると770万円~860万円になることがあるのです。
責任あるポジションではありますが、ここまでの収入が確保できれば文句はありません。

さらには、漁労長という、マグロ漁船を統括するポジションにつくことができると、月額で90万円から104万円、年収にすると1000万円以上を軽く超える収入が得られるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article